So-net無料ブログ作成

キビタキの囀り [キビタキ]

いつもはノイズオンリーで邪魔なだけの音声はカットしてアップしてますが、今回は幸運が重なったため音声入りです。
撮ったのは街中なんですが、まず鳥が近くてノイズがさほど気になりませんでした。
また、こういう時は犬が鳴いたり、緊急自動車が通ったり、バイクが通ったり、飛行機が飛んだり、後ろを人が通ったりと、腐るほどノイズ源があるはずなのに、なぜかこのいずれにも邪魔されずに済みました。
とりたてて早朝というわけでもないのにこの状況は、私にとっては奇跡的な幸運だと思い込んでます。
約1分間、いろんなパターンでの囀りをお楽しみください。


コメント(0) 

遠ざかるコルリ [コルリ]

手前に来るかなーと思ったら奥に行っちゃいました。
この時は潅木の際を動いてますが、人を警戒してる風ではありませんでした。
餌を探して広範囲を動き回ってたので、たまたまここだったんでしょう。
全身は写ってませんが、潅木の中に逃げ込む感じはありませんでした。
また、みなさんが引き揚げた後も粘っていると、それまで以上に近付いてきて私の横2mくらいまで近付いてきました。
数人居る時はありえなかった距離なので、一応警戒してたんですかね?


コメント(0) 

佇むコルリ [コルリ]

いつも藪の中で、声で居るのはわかってもなかなか姿を見られないというコルリですが、昨年このポイントで見られた子は大サービスでした。
こんな事は滅多に無いと、当時は興奮を抑えつつ必死で撮りましたが、まさか二年続けての大サービスとは・・・
場所は違いますが、見通せるところに出てきて餌を探す姿は昨年と同様かそれ以上です。
人の存在はわかっているはずなのに、不用意に急な動きをしたり近付かない限り飛び去ることはまずありません。
一心不乱に餌を探してチョコチョコと跳ね回ってました。

この時はちょっと佇んで時々首を傾げてますが、どうやらシャッター音に反応してるようでした。
ジッとしてさえいればドンドン近付いてきて最短合焦距離内に入るくらいの近さですから、間違いなくシャッター音は耳に届いているはずです。
シャッター音に驚いて飛んでしまう事はままありますが、この時は渡りの途中ですから音を気にするより目的地に辿り着くまでのエネルギーを蓄える事が先決なんでしょうか?
それにしても、警戒心無さすぎのコルリでした。


コメント(0) 

飛び出すマヒワ [マヒワ]

去年このポイントではマヒワはまったく見られなかったのですが、今年は大サービスでした。
年によって違うのが渡り鳥というのはわかってるんですが、同じポイントでも多かったり少なかったり、来たり来なかったりとまったく予想がつきません。
だからこそ同じポイントを定期的にチェックすることは大事なんだと思います。
思っててもできないことが多々ありますが・・・


コメント(0) 

マヒワの採餌 [マヒワ]

会いたい時には会えず、思わぬところで巡り会うのも鳥見のおもしろさです。
このマヒワもそのパターンで、狙って行っても空振りばかりだったのに、別の鳥狙いで行った場所にた~くさんいました。
この子達も渡り前なのでしょうか、花の種子を一生懸命食べてました。

さて、見てくださってる方にはあまり関係ないかもしれませんが、この動画からカメラを更新してます。
今まではOLYMPUSのCAMEDIA SP-350を使ってましたが、動画に関しては仕様や設定がイマイチ使い辛く次の候補をズッと待ってました。
デジスコ用としてSP-350を考えた場合でも万人向けではなく、撮影スタイルの違いによって手放す人も多かった癖のあるカメラでしたが、私のスタイルには合ってたので愛用してました。
そんな時に発売されたのが、今回から使い始めたNIKONのCOOLPIX P5000です。
このデジカメの動画機能はSP-350のような妙な縛りは無かったのでその点は良かったんですが、デジスコ用と考えた場合SP-350以上のじゃじゃ馬で、使いこなすには根気良く癖を把握していくしかないという代物ですヽ('ー`)ノ
これまた買ったはいいけど、そのじゃじゃ馬ぶりにあきらめた人が多く出たいわく付きのデジカメになってしまったような気がします。
基本的に画質は◎なので、のんびり付き合うことにした方もいらっしゃるようですが・・・

とか言ってるうちにP5100の発売が決まりましたね。
ザッと見た感じではP5000の高画素版といった感じで、目立ったスペックの改善は無さそうですが、デジスコ用のパーツは流用できそうです。
問題はスコープに接続した場合のAF精度ですが、これは実機を触ってみないことにはわかりませんね。


コメント(0) 

ウソ♂のお食事 [ウソ]

番外ネタがポツポツ出てきて、脱線ばかりでスイマセンm(_ _)m
再度元の路線に戻します。
脱線しないで済むように、早いとこ過去分をアップしてしまわないといけないとは思ってるんですが・・・

この時はなんとか枝被りの無いスッキリした動画を撮りたいと頑張ったんですが、餌がたっぷりあるのは枝が込み合った木の上の方でこれが精一杯でした。
枝の先にとまってくれればとも思ったんですが、そうすると今度は空抜けになってしまい鳥の色がいまいち出ません。
なかなか思い通りの動画は撮れませんが、それも含めてのおもしろさですから今回はこれでヨシとします。
次のチャンスがあるかどうかはわかりませんが・・・


コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。